フィリップス X-treme Ultinon D2S/R 新製品 シェードレス設計で40%の明るさアップ

2015年4月からフィリップスのキセノンバルブ X-treme Ultinonの新製品が発売されました。

その名も、「X-treme Ultinon D2S/R」

D2S/R

正直、私自身は車のランプが詳しくないのですが、簡単な動画を撮ってみました。

SとRのどっちだったかを忘れても大丈夫!

キセノンバルブは、ヘッドライトがプロジェクタータイプに使用するD2Sと、リフレクタータイプに使用するD2Rタイプの2種類があります。

従来はそれぞれ適切なランプを使用しないと配光が変わってしまい気をつける必要があったのですが、新しいD2ランプは、なんとSとR共通。自分の車がプロジェクタータイプかリフレクタータイプかを気にすること無く装着することができます。

シェードレス設計で明るさ40%アップ

こちらがランプ本体。シェードレス設計を実現したことで、従来のD2S,D2Rが2300〜2500lmの全光束でしたが、新製品は3300lmと大幅に明るさがアップしました。

D2S/R

ノンマーキュリー(水銀レス)タイプ D4S/Rも同時発売

ノンマーキュリーの水銀レスタイプも同時発売です。

D4S/R

まとめ

新しく発売されたフィリップス X-treme Ultinon D2S/R共通タイプ。ランプを変えるだけで明るさが大幅アップになる、かなり刺激的なランプです。

ぜひ、お試しください!