水銀灯代替えLED投光器 PHILIPS BVP281,283シリーズ

PHILIPS LED投光器BVP281シリーズ

オランダフィリップス社から、水銀灯やメタルハライド投光器の代替えとなるLED照明器具 TANGO(タンゴ)シリーズが発売になりました。

TANGOが対象とするLED化アプリケーション

TANGOシリーズは演色性80以上(260Wタイプは75以上)、防塵防水性能IP65、対称・非対称配光と様々なバリエーションがあることから、お客様のご利用用途に合わせて最も適したタイプの器具をお選びできます。

その為、屋外看板照明だけでなく、ゴルフ練習場や工場施設照明、駐車場や屋外中古車販売店の照明などでご利用頂いております。

TANGOのラインナップ

Philips LED照明TANGOシリーズは、水銀灯250W置き換えのBVP281 LED40、400W置き換えのBVP281 LED80、700W置き換えのBPV281 LED120、水銀灯1000W、メタルハライドランプで700Wの置き換えとなる消費電力260Wで光束26,000lmの高出力 BVP283 LED260まで、置き換えとなる既存水銀ランプの出力に合わせて4種類のラインナップがあります。

PHILIPS LED投光器BVP281シリーズ

電圧(V) 消費電力(W) 全光束(lm) 演色指数(Ra) IP 重量(kg)
BVP281 LED40 100〜277 40 4000 80以上 65 6.3
BVP281 LED80 100〜277 80 8000 80以上 65 6.3
BVP281 LED120 100〜277 120 12000 80以上 65 6.3
BVP283 LED260 100〜277 260 26000 75以上 65 13

既存水銀灯との対応表

水銀灯 LED置き換え
型番 消費電力(W)
250W BVP281 LED40 40W
400W BVP281 LED80 80W
700W BVP281 LED120 120W
1000W BVP283 LED260 260W

写真

Tango BVP281のデモ機をお借りしたのでご紹介します。

dsc_0389

こちらがTago BVP231の本体。

dsc_0386

アームはこのようにすると水平点にしたり

dsc_0384

90度にしたり

dsc_0379

ここまで可動します。

dsc_0353

アームについては写真のようにメモリがふってあるので、角度調節にご利用ください。

dsc_0363

アームと器具の固定は、このように金属ネジでおこないますので、角度調節する場合は六角レンチにてネジを緩めてください。

dsc_0351

角度調節が終了したら、このようにフィリップスのマークがはいったカバーをセット。

dsc_0361

カバーはこのように器具から外れないようになっているので、高所作業中にカバーだけ落下するようなことはありません。

dsc_0375

器具を上から後ろからみたところです。

dsc_0369

電源は器具の内部に入っておりますので、ここから一次側の線が出ています。

防水仕様となっていますが、ここがしっかり締まっていないと器具内に水が侵入してくることがありますので、設置後はここが締め付けられていることをご確認ください。

dsc_0410

器具を横からみたところ。

dsc_0377

器具の後ろにはフィリップスのロゴ

dsc_0402

器具表側にもフィリップスのロゴ

dsc_0399

器具の仕様はこちらでマーキングされています。 色温度(Natural White/Cool White)、配光(Asymmetric/Symmetric)。写真はCool WhiteのAsymmetric配光を表しています。

dsc_0350

器具はアルミダイキャストで放熱フィンを含めて一体成型となっています。

dsc_0404

Philips Tango(タンゴ)シリーズの特長であるレンズを使ったLEDエンジンを利用することで、方向性と広がりのある看板用途に特化した配光を実現することができました。

dsc_0407

Tangoシリーズの配光について

TANGOの配光をチェックしてみました。

dsc_0421

アームを手前にしたときの光

dsc_0416

dsc_0429

アームを右方向にして器具を横から見た光

dsc_0436

アームを壁側にした光

まとめ

LEDといってもいろんなメーカーから様々な商品が出ている為、お客様の用途に最もふさわしい提案は何なのかと迷われることが多いと思います。

日本ピー・アイでは照明業界で37年営業しており、看板はもちろん店舗や工場照明など多くの実績があります。(失敗もありました)

まわりに相談できる方がおられないときは、まずは気軽に日本ピー・アイまでご連絡ください。

日本ピー・アイ 納入実績

お問合せは
TEL: 03-5835-5805
FAX: 03-5835-5806

お問合せ